【STEP99】その他記事

本業だけでは生活できない!【副業】せどりを始めて稼いでみよう!

給与が少なくて、本業だけでは生活が苦しい……

このように、今の給与の少なさに悩んでいる方も多いですよね 。

そんな方のために、今回の記事では生活に余裕をもたせる方法や副業について紹介します。

結論として、せどりに取り組むのがおすすめです!

せどりを副業におすすめする理由3つを合わせて解説するので、収入を上げたい方は参考にしてみてください。

ちなみに下記の講座では、店舗せどりの攻略法を誰でもわかるように解説していますので、ぜひご確認ください。

せどり初心者でも稼げる!

店舗せどり講座のお申し込みはこちら

早めのお試しがお得! 

本業だけでは生活できないと感じる瞬間3選

「本業だけでは生活できない……」と感じる瞬間をまとめました。

具体的には、以下の3つです。

  1. 貯金額が増えない時
  2. 会社の業績が悪くなった時
  3. 退職金の額を知った時

おおよその会社員の方は、上記のように感じることが多いはずです。

それでは、1つずつ見てみましょう。

①貯金額が増えない時

貯金額がなかなか増えないと「このままの生活で大丈夫かな……」と不安になります。

それは自分を含めた家族のケガ・病気など、もしもの時に備えられないからです。

毎月の収入と支出がほぼ一緒のままだと、なにかイベントがあると赤字になり貯金が減ってしまいます

ケガ・病気はもちろん、結婚する友人へのご祝儀ですら素直によろこべません。

貯金額が増えないと、心に余裕がないです……

②会社の業績が悪くなった時

会社の業績が悪くなった時に、焦りがあります。

なぜなら「自分がクビになるのでは……」「会社が倒産するかも……」などと思ってしまうためです。

具体的には、ボーナスがカットされた・希望退職者を募っているなどと聞くと、どうしても会社の先行きは暗いと感じるもの。

なので、会社の業績が悪くなっても給与以外の収入があったら安心ですよね。

③退職金の額を知った時

「退職金の額を知ってガッカリした」といった声も聞きます。

少ない退職金では、老後まで安心して暮らせるのか心配です。

以前に「老後の生活に2,000万円かかるのでは」との話題があり、このままではリタイヤせず働き続ける必要があるかもしれません。

今から老後を見据えた貯金をするなら、本業の給与だけでは足りないと感じます。

まずは支出を減らすことから始めよう

ギリギリの生活を改善するには、どうれば良いのでしょうか?

まずは、支出を減らすことから始めるのがおすすめです。

その理由は、支出の見直しはすぐにでき、少ない収入でも生活に余裕ができるから。

具体的には、次のような支出をチェックしてみてください。

  • スマホ・ネットなどの通信費
  • 家賃
  • 保険料
  • サブスク料金
  • 外食費

スマホ・ネットなどの通信費は、これまでの使い方をチェックしてプランの見直し・格安SIMへの変更などを検討すると良いです。

今より安い物件を探す・あまり使わないサブスクを解約するなど、普段からの支出を減らせないか見直してみましょう。

無駄な出費がなくなると、少しずつ生活にゆとりができます!

副業に挑戦して稼ごう

支出を減らしたら、副業に挑戦してお金を稼ぎましょう。

なぜなら、今すぐに本業の給与を上げるのは難しいからです。

例えば、代表的な副業には次のようなものがあります。

  • せどり
  • アフィリエイト
  • Webライター
  • 投資
  • アルバイト

上記の中ですぐに稼ぎ始められるのは、せどり、 Webライター、アルバイトです。

一方、軌道にさえのれば時間にしばられにくいのが、アフィリエイトになります。

稼ぐまでに時間がかかる・資金が必要など副業ごとにデメリットやリスクがあるため、自分に合ったものを選ぶのが大切です。

会社員が副業しても大丈夫?

副業NGの会社でも、バレなければ大丈夫です。

バレないためにも、確定申告を自分で行います。

そもそも、副業NGの会社は就業規則のなかで禁止と定めているだけで、副業は違法ではありません。

公務員の副業は、法律で禁止されているので注意です!

副業で発生する税金の代表は、所得税と住民税です。

  • 所得税…副業では年間の所得が20万円以上で発生、「収入 – 必要経費」で計算
  • 住民税…地方自治体に支払う税金で、収入の額に関係なく発生

一般的なサラリーマンの所得税や住民税は、会社経由で支払います。

なので、副業でほかの社員よりも住民税が高くなると「高くなった理由はなに?」と副業バレにつながるんです。

その対策として、副業にかかる住民税を自分で支払う「普通徴収」にする必要があります。

確定申告書の「住民税に関する事項」で「普通徴収」を選んで税務署に提出しましょう。

もちろん、年間所得が20万円を超えたら所得税も支払います。

副業NGでも会社にバレなければ大丈夫ですが、バレないような工夫はしてください。

なぜ副業禁止の会社が多いのか

会社がなぜ副業を禁止するのかというと、損害の発生が嫌だからです。

具体的には「副業に力をいれすぎて、本業に支障をきたされては困る」「副業で稼げるからと独立されては今までの教育がムダになる」などが会社側の考えになります。

なので、副業でたくさん稼いでいたとしても、本業に手を抜かない方がいいです。

その理由は、もし副業がバレたとしても大きな問題になりにくいからです。

仕事への姿勢に問題ありと判断されると、厳重注意を受けるかもしれません!

本業だけで生活できないならせどりがおすすめな理由3つ

本業だけで生活ができないなら、副業にせどりがおすすめです。

「せどりって転売とどこが違うの?」「違法じゃないの?」などの疑問がある方は、せどりについてくわしく解説した記事も読んでみてください。

せどりとは?違法なの?せどりと転売の違いについても解説してみた! せどりの意味について、詳しく知りたいと思っていませんか? 「せどりと転売にどのような違いがあるのか」についても気になります...

せどりを副業におすすめする理由は次の3つです。

  1. すぐに稼ぎやすい
  2. リスクが低い
  3. 誰でも稼げるようになる

副業初心者でも簡単に稼げるようになるのが、せどりをオススメする理由です。

それでは、1つずつ解説していきます。

せどり初心者でも稼げる!

店舗せどり講座のお申し込みはこちら

早めのお試しがお得!

①すぐに稼ぎやすい

せどりはすぐに稼ぎやすいです。

それは、即金性の高いビジネスだから。

例えば、仕事帰りに寄った店舗で仕入れた商品が、出品して5分もしないうちに売れることがあります。

大口出品者だと14日ごとの振り込みなので、仕入れから数日で出品した商品の利益を受け取ることも可能です。

小口出品者の入金は、申請が必要です。

なので、せどりはほかの副業よりもすぐ稼げます。

②リスクが低い

リスクが低いせどりは気軽にはじめられます。

なぜなら、しっかり下調べをすれば赤字になることが少ないからです。

具体的には次のようなポイントを押さえると、ほとんど赤字になりません。

  • どれくらいの頻度で売れているか
  • 利益が少なすぎないか
  • これから需要が高まるか
  • ライバルが多いか
  • 運送・梱包などの経費を差し引いても利益が残る

とりあえず仕入れるなど、下調べが不十分なまま仕入れなければ大丈夫です。

事前に、利益や需要を調べられるせどりはリスクが低く、副業に向いています。

③誰でも稼げるようになる

スキルなど関係なく、誰でも稼げるようになります。

せどりは、単純作業が多く行動を続けることが大事だからです。

商品知識を増やしていく必要はあるものの、今時点での学歴やスキルは関係ありません

どんな職種・肩書きのサラリーマンでも問題なく、むしろこれからの行動の方が稼ぎと関係します。

しっかり行動すれば、誰でも稼げるようになります!

まとめ

本記事では、余裕のある生活にする方法や副業について紹介しました。

本業の給与が少ないと、将来が不安になるのも仕方ありません。

それでも、支出を減らして副業で稼ぐと安心して生活できるようになります。

そんな副業の中でも、すぐ稼げてリスクが少ないせどりがおすすめです。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

せどり初心者でも稼げる!

店舗せどり講座のお申し込みはこちら

早めのお試しがお得!