【STEP08】店舗仕入れ(基本編)

年が明けたら「手帳」と「カレンダー」を掻き集めよう

どうも、ののです

今日は年明けに集めるべき商品についてお話しします。

僕は毎年この商品だけで月10-20万円の利益を出しています。

その商品とは、、、

「手帳」と「カレンダー」です。

なぜ手帳とカレンダーを集めるべきなのか?

理由は簡単です。

値下げしていて利益が取れるものが多いから

です。

色んなチェーンでこのように割引されています。

50%以上だと利益が取れる可能性が高いので、見ていきましょう。

場所や時期によっては70-90%オフの商品もあります。

割引している店舗が多くなる理由

店側の立場に立てば簡単ですね。

手帳もカレンダーも年初に買うような商品だからですね。

時間が経てば経つほど売れなくなるので、お店側は早く処分したがります。

消費者側は今から買う人もまだいるので売ることができます。

そのギャップを狙っていきます。

この時期だけは書店を回ろう!

カレンダーや手帳は書店に置いてある事が多いですが、

本屋・書店には普段せどらーはなかなか行かないので、見逃されている商品が多くあります。

この時期だけはしっかり回って利益を確保しましょう!

注意点

注意点がいくつかあるので見ていきましょう

モノレートのグラフは直近以外はあてにならない

12月までの売れ行きと1月以降の売れ行きは全く異なります。

12月までのグラフをあてにして購入すると痛い目に合いますので必ず直近のデータから算出してください。

2月に入ると極端に売れなくなる

当たり前ですね。大体の人は1月中にその年のものは用意しますので。

それも踏まえて数量を調整しましょう。

種類によっては商標権侵害などの通知が来る

ジャ◯ーズとかは去年あたりから来るようになってますね。

スマ◯プのカレンダーとかを仕入れて痛い目にあった人が何人もいました。

他にもいくつかあるんで注意しましょう。

10月始まりのカレンダーは売れない

10月始まりのカレンダー・手帳が混じっている事があります。

それを気づかずに仕入れるとなかなか売れずに苦労します。

10月始まりのカレンダーは吟味して本当に売れそうなもののみ仕入れましょう。

以下のように回転は悪いけれども売れる商品もあります。

オススメの手帳/カレンダー

キャラクターもの

ディズニーだったりリラックマだったりは安定した人気がありますね。

猫・犬などの生き物や自然などの癒し系カレンダー

癒しの生き物のカレンダーも根強い人気があります。

星空・太陽・滝・森林などの自然系

このカテゴリも根強い人気があります。

その年の干支の絵が入ったカレンダー

干支の動物が描かれているカレンダーはどんなジャンルでもそこそこ売れます。

クイズ、生活の知恵、英語などの実用系

このジャンルは安定して人気があり、特にトイレに飾ったりするようです。

作家系のカレンダー

作家系のカレンダーは根強いファンがいます。

以上、この時期だけは本屋を回って利益をがっつり出していきましょう!