【STEP12】店舗その他

【せどり】卸業者からの営業(提案)は受けるべき?受けないべき?

どうも、ののです
某卸業者から連絡をもらって、その商品を買おうかどうか迷ってます〜

という話をよく聞きます。

結論は1択なんですが、初心者の頃は結構悩むと思いますので、解説しますね!

営業してくる卸業者とは?

有名な所だとファ○ブ&ファ○ブとかですよねw

まずこういった業者がなぜ連絡してくるのかを考えてみましょう。

どこから連絡してくるのか?

彼らはどうして我々の連絡先を知っているのでしょうか?

簡単です。

アマゾンセラーの情報から電話番号を引っ張ってきて連絡をしてくるんです。

なぜ連絡してくるのか?

ではそれらの業者はなぜ我々に連絡してくるのでしょうか?

これも簡単ですね。営業行為とは自分たちの商品を売り込む。

その一点の目的の為のみに行われます。

卸業者との取引で悩んだ際の解決策

自分だったらどうするかを考えましょう

自分が卸の営業マンだったらどうするか?

まずはこれを考えるべきです。

自分が営業マンだったらどういう相手と交渉したいですか?

僕だったら

  • しっかりとした母体の会社
  • 資金を持っていそうな会社
  • 実績があって売りさばいてくれそうな会社

などを選ぶと思います。

皆さんも商売するなら相手は何処の馬の骨かもわからない人よりも、しっかりとした身元の人の方がいいと思いますよね?

では皆さんはどうでしょうか?

上記に当てはまりますか?

正直当てはまらない人がほとんどではないでしょうか?

ではなぜそんな人たちに卸業者は連絡するのでしょうか?

ここまで書いたらもうわかりますよね?www

かなりおいしい商品を扱う場合

次にこれです。

あなたはアマゾンで利益の出るめちゃくちゃおいしい商品を見つけました。

そうした場合どうしますか?

よし、みんなに分けて利益を分配しよう

となりますか?

そんな聖人君子はかなり少数だと思いますwww

間違いなく自分で売りますよね?

ではなぜ卸会社は皆さんに連絡してくるのでしょうか?

しかも弱小セラーばかり。

意味、わかりますよね?w

相手の行動から考えましょう

自分だけが特別ですか?

自分に電話がかかってくるという事はどういう事かわかりますか?

自分だけ特別に案内を流してくれていると思いますか?

そんな事はあり得ませんよね?w

という事は、かなりの人に営業の連絡をしていると思われます。

さらに考えると、それだけの在庫量を持っていると考えられます。

市場に出回る在庫数がわからない商品ほど怖い商品はありませんよね。

せどりでの卸業者からの営業 まとめ

これだけ書けば大体の人はわかると思います。

こういう営業行為だけじゃなく、全てに使える方法ですので、何かに迷ったら以下の癖をつけましょう。

迷った時に冷静な判断をする方法

  1. 自分が相手の立場だったらどうするか?を常に考える
  2. なぜ相手がそんな提案をしているのか?を考える
  3. 自分よりも経験値の高い人に相談する

これだけで90%以上はうまくいくと思います。

ぜひこの方法を活用してみてください!