【STEP03】実際に仕入れをしてみよう

せどりマップを作ろう

どうも、ののです

今日はせどりマップの作り方を話します。

店舗仕入れを行う場合、闇雲に店舗に行っても非効率です。
なぜなら、店舗毎にせどりやすさが違うからです。

店舗せどりは時間との勝負。
せどりやすい店舗を集中的に回って短時間で利益を出さなければなりません。

そのために必須となるのがせどりマップの作成なのです。

せどりマップが必要な理由

以下のせどりマップは僕のコンサル生が作ったものです。

せどりマップでできることは3つあります。

  1. せどりやすい店舗の記録
  2. せどりした日の記録
  3. 店舗特徴の記録

せどりやすい店舗の記録

せどりをしていくと「この店舗は利益が多いけど、あの店舗は利益が少ない」といった経験をします。

人と同じで店舗にも特徴があります。せどりやすさが違うのです。
その特徴を記憶できれば良いですが、無数にある店舗の特徴を全て覚えることは不可能。

そのためにせどりマップに特徴をメモして、せどりやすい店舗だけを狙い撃つのです。

また、せどりをしていると終わるタイミングが分からない時もあります。
せどりマップがあれば、せどりやすい店舗を回り終われば終了とできるので止め時も分かります。

せどりは闇雲に時間をかければ良いというものではありません。
せどれない店舗を回っても時間とガソリン代をムダにするだけです。

大事なのはせどりやすい店舗を多く回れたか。稼ぐために必ず意識しましょう!

せどりした日を記録する

せどりやすい店舗でも何日も連続で仕入れられません。

一定期間を空けることで、最大限の利益を効率よく得られるようになるのです。

先ほどのコンサル生はアイコンによって行く頻度を決めています。

頻度に正解はありません。皆さんの考えで決めていきましょう。

店舗特徴の記録

同じ店であっても店舗によって特徴がある、という話をしました。
その情報は実際に行かなければ分からない貴重なものです。

必ずせどりマップに記録をしていきましょう。

  1. セール情報(ワゴンセール・大幅割引etc)
  2. 過去の最大見込み利益
  3. 狙い目のコーナー(おもちゃ・家電etc)

店舗特徴を記録することで、店舗毎に効率の良いせどりができるようになります。必ず行いましょう!

作成に必要なツール

せどりマップを作成する上で必要なツールは2つあります。
1つずつ紹介していきましょう。もちろん全て無料です。

Googleマップ

Googleマップはオリジナル地図の作成ができるようになっています。
もし、Googleマップがなければ、せどりマップの作成は不可能だったでしょう。

ロケスマ

膨大な店を探すために利用するのがロケスマです。
地域の店舗が一目で分かるので、初めて行く地域のルートを決めるのに役立ちます。

店舗はジャンル毎に選べるので、ホームセンターや家電量販店、ディスカウントなど目的に応じたジャンルを選びましょう。


一例として、家電量販店を選んだ場合の地図をお見せします。

その他にもビジネスホテルやネットカフェ、ガソリンスタンドも調べられるので、せどりで遠征する際に重宝します。

作成手順

ここからはせどりマップの作り方を話していきます。

Googleマップからマイマップを新規作成する

Googleマップを開いたら左上の赤枠をクリックしてください。

メニューが開きますので、マイプレイスをクリックしましょう。

一番下の「地図を作成」をクリックします

そうするとマイマップが開きます。
赤枠をクリックすることで地図とレイヤの名前を変更できます。

今回は名前を「せどり」に統一して説明します。
ここまででせどりマップの下地は完成です!

店舗を検索する

ここからはせどりマップの作成を始めます。

まずは店舗を検索しましょう。
検索ボックスに「店名+地域」を入力します。

今回は東京と入力しますが、店舗名で入力しても構いません。

該当店舗が見つかったら「地図に追加」をクリックしましょう。

ここまでで検索は終了です。

アイコンを入力する

「地図に追加」をクリックするとアイコンが追加されます。
アイコンを変えたい場合は赤枠内のアイコンをクリックしてください。

色やアイコンの選択画面が開きます。
好きなアイコンを選び、せどりマップをカスタマイズしましょう!

日付や店舗の特徴を入力する

アイコンの入力だけではせどりには使えません。
最後にせどりをした日付と店舗の特徴も入力しましょう。

赤枠内のアイコンをクリックしてください。

入力画面が開きます。

日付と店舗の特徴を入力します。
店舗の特徴は最初にお話しした情報を入力してみましょう。

  1. セール情報(ワゴンセール・大幅割引etc)
  2. 過去の最大見込み利益
  3. 狙い目のコーナー(おもちゃ・家電etc)

まとめ

ここまでご覧頂きありがとうございました。

ここまでの話のまとめとして、せどりマップの使い方の一例を紹介します。

  1. 店舗に行く
  2. 初めての店舗ならばアイコンを記録する
  3. せどりをした日を記録する
  4. 一定期間が経過したら店舗にもう一度行く
  5. せどりをした日を記録する

このようにすることで、行き当たりばったりのせどりを防ぐことができます。

せどりマップはせどりの効率を上げる大事なツールです。
あるとないとで月商は大きく変わりますので、ぜひオリジナルのせどりマップを作ってみてください!