【4-3】電脳ツール

【Simple = Select + Search】シンプルセレクトサーチの見方・使い方を徹底解説!

どうも、ののです

今回は電脳せどりツールの「Simple = Select + Search」(以下、シンプルセレクトサーチ)の解説をしていきます。

シンプルセレクトサーチとは

シンプルセレクトサーチは、電脳せどりのリサーチの時間を大幅に短縮してくれるツールです。

ツールを使うためにはGoogle Chromeのブラウザを使う必要があるので、インストールしていない方はこちらからインストールしましょう。

もちろん、Google Chromeは誰でも無料で使用することができます。

シンプルセレクトサーチで出来ること

JANコードから多通販サイトの価格をリサーチできる

シンプルセレクトサーチでは、ワンクリックでアマゾンの商品ページから楽天やヤフーショッピングに飛ぶことができます。

アマゾンページのJAN、ASINをコピーして右クリックすると、他通販サイトのメニューが表示されます。

移動したいサイトをクリックすると、コピーした文字がサイト内検索された状態で、通販サイトが開かれます。

ワンクリックで色んなサイトの商品価格がチェックできるので、効率よくリサーチが出来ます。

サイトの追加方法については後ほど解説しています。

セラーセントラル、モノレートとも連携している

シンプルセレクトサーチの良い所は、通販サイトだけでなく、モノレートやアマゾンセラーセントラルも登録できるという点です。

モノレートでは商品の価格推移や販売個数を調べ、セラーセントラルでは出品制限の有無をチェックすることができるので、この2つのサイトは登録しておくと便利です。

シンプルセレクトサーチの使い方

それではシンプルセレクトサーチのインストール方法と設定方法を解説します。

拡張機能をインストールしよう

こちらから拡張機能をインストールできます。

「Chromeに追加」→「拡張機能を追加」をクリックする

これでシンプルセレクトサーチのインストールは完了です。

インストールに成功したら、右上のツールバーにアイコンが表示されます。

各種設定をしよう①

次に初期設定を行っていきましょう。

ツールバーのアイコンを右クリックして「オプション」を開きます。

すると以下の画面が出てきます。

まずは画面の表示項目の説明からしていきます。

①Sort

ハンバーガーアイコン(三本線)をクリックし、表示項目を移動させることができます。

②Name

リサーチ時に表示されるサイト名を変更することができます。

③Search URL

検索先のURLです。

④URLの追加・削除

「+」をクリックするとサイトの追加、「-」をクリックするとサイトの削除をすることができます。

各種設定をしよう②

次は必要なサイトを追加したり、不要なサイトを削除してみましょう。

初期設定ではYoutubeやwikipediaのURLが入っていますが、不要なので削除します。

不要なサイトを削除したら、次は「+」ボタンをクリックして、サイトの追加を行います。

サイトの追加に関しては「Featured Search Engines」から登録して下さい。

楽天やヤフーショッピングなどで、自分がよく仕入れているサイトのページを追加しておくと便利です。

なお、モノレートとセラーセントラル、ヤフーショッピングのURLは一覧に無いので、以下のURLをコピペして使って下さい。

モノレート:https://mnrate.com/search?i=All&kwd=%s

セラーセントラル:https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=%s&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch

ヤフーショッピング:https://shopping.yahoo.co.jp/search?p=%s&ei=UTF-8

まとめ

シンプルセレクトサーチが他の価格比較ツールと違う所は、登録できるサイトをカスタマイズできる所です。

英語表記なのでわかりにくい部分もありますが、直観的に使えるツールなのでぜひインストールして触ってみて下さい。

また、他のおススメ電脳せどりツールは以下の記事にまとめているので、興味がある方はあわせて読んでみて下さい。

【店舗・電脳別】せどりで使えるおすすめのツールを紹介!今日はぼくが実際に使ったことのあるツールの中から、「これは本当に使える!」と思ったツールを紹介します。 店舗せどり/電脳せどりツー...