【STEP05】販売をしてみよう

【せどり】Amazon規約をしっかりと把握しよう!

どうも、ののです

みなさんはAmazonせどりをする際に必須であるAmazon規約をしっかりと把握していますか?

全部を把握するのはもちろん無理ですが、大事な部分だけを抜粋して掲載しておりますので、しっかりと把握しましょう!

そもそもAmazon規約とは?せどりに関係ある?

Amazon規約とは何でしょうか?

簡単に一言で表すと「Amazonで販売する際のAmazon独自のルール」です。

我々はAmazonというプラットフォームに依存して販売をしております。

ですので、Amazonのルールは守る必要があり、ルールを破ると罰則、最悪の場合アカウント停止などが考えられます。

しっかりとAmazonの規約は遵守してアカウントに影響が出ないように注意を払いましょう!

せどりをする際に最低限覚えておきたいAmazon規約

「新品」として出品できない商品

まずはこれです。コンディションガイドラインに掲載しております。

知らなくて規約違反をしている人がかなりいますので、こちらは必ず確認しておきましょう!

参照:Amazonコンディションガイドライン

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

まずはこれ。ガイドラインに記載の通り、個人から仕入れをした商品は「新品」として販売できません。

これの意味わかりますよね?

フリマアプリなどで仕入れした商品をAmazonで販売する手法はAmazonの規約違反です!

フリマ仕入れ→Amazon販売ノウハウなどを有料で販売している輩も沢山いますが、アウトです。規約違反です。

メーカー保証が始まっている、既に切れている商品

こちらも確認しておきましょう。つまり、仕入れ先で保証書に印鑑を押された商品をAmazonで「新品」で販売することは規約違反です。

また保証期間が過ぎたものを「新品」で販売することも規約違反です。

プロモーション品、プライズ品、おまけは、出品自体は許可されていますが、「新品」としては出品できません

ガイドラインそのまま貼り付けましたが、意味わかりますか?

つまり、おまけ品やココイチカレーの付属品のクリアファイルのようなもの、店頭販促に使ったプロモーション類などは出品はできるが、「新品」では出せませんという事です。

知らない人が多いので注意しましょう!

Amazon規約上での「新品」の定義

細かいところはそれぞれのカテゴリで違いますが、共通ガイドラインですと大まかにはこのようになっております。

参照:Amazonコンディションガイドライン

つまり「新品」の定義は未開封および未使用品と掲載があるので、

  1. 店頭で展示されていた商品(展示品)
  2. メーカーの封緘シールを切って開けてしまっている商品

などは「新品」では出せないという事になります。

フリマアプリだとそれらでも使用してない限りは新品で出せるところがありますので、その違いはしっかりと各社のガイドラインを確認しておきましょう!

箱なし商品の取り扱い

参照:Amazonコンディションガイドライン

以前は一部の部品(商品の純正の外箱など)がない場合、コンディションは「可」でしか出品できませんでしたが、今は「非常に良い」でも出品できるようになっています。

Amazon規約により出品禁止の商品

出品が禁止されている商品もあります。

これらを出品するとアカウントに影響が出ますので、必ず確認しておきましょう!

Amazon.co.jp限定商品の予約販売

参照: Amazon禁止商品

Amazon限定商品を予約販売すると確実にペナルティになります。

絶対にやらないように注意しましょう。

またAmazon限定商品は個数制限して販売している事が多いのですが、それを複数個買おうとすると確実にペナルティを受けます。

購入する際も注意しましょう!

同人誌など

同人誌なども禁止商品に該当します。注意しましょう!


参照: Amazon禁止商品

AppleTV, Chromecast, NexusPlayer

これらは思いっきりド競合ですね。流石に売らせてはくれませんw


参照: Amazon禁止商品

他にも沢山ありますが、取り敢えず初心者が引っかかりそうなところはこの辺です。

あとはアダルト商品が色々と細かい制限がありますので、アダルト商品を販売する人は必ず規約を確認しましょう!

出品者の禁止活動および行為

我々セラーに対して禁止されている活動や行為もしっかりと把握しておきましょう!

取引または購入者を誘導する試み

要するにお客様を他のところへ誘導したりしてはいけません!という内容です。

また顧客の個人情報を使って他の連絡をしてもいけません。

この辺は当たり前のことですが、一応。


参照: Amazon禁止活動および行為

複数アカウントの運用

アマゾンでは複数のアカウントの運用を禁止しております。


参照: Amazon禁止活動および行為

評価、フィードバック、レビューの不正操作

これはやりがちなのですが、購入して頂いたお客様にサンクスメールを送るときに

●●様
この度はご購入頂きありがとうございました。
よろしければ評価をお願いします。
問題なければ5をつけて頂けますと幸いです。

なんて送ってしまうと、不正操作に該当してしまうのでアウトです。

やりがちなので気をつけましょう!


参照: Amazon禁止活動および行為

Amazon規約 まとめ

いかがでしたか?

他にも

  1. 同じアカウントで同一商品を同一コンディションで販売できない
  2. 納品時にカスタム段ボールでは納品できない
  3. 再販制度を無視する

等々、まだまだ沢山あります。

自分が該当する内容があった人もいるかも知れません。

Amazonというプラットフォームに依存している以上、ルールは遵守する必要があります。

内容をしっかりと確認の上、販売を行って行きましょう!