【1-2】最初の設定をしてみよう!

アマゾンセラーセントラルを新規開設してみよう!

どうも、ののです

せどりを始める第一歩としてAmazonのセラーセントラルを開設することが必要です。

この記事ではセラーセントラルの開設方法と注意点についてご紹介します!

セラーセントラルを開設するために用意するもの

セラーセントラルを開設するために必要なものは以下の5点です。

書類については必ず指定されたものでないとセラーセントラル開設の審査が受けられません。

用意するもの① 身分証明書

Amazonが身分証明書として指定しているのは

  1. 運転免許証
  2. 旅券(パスポート)

のどちらかです。

マイナンバーカードはセラーセントラル開設の審査に使えません。

また、セラーセントラル開設に提出する前に以下の点に注意しましょう。

  • 身分証明書の氏名はセラーセントラル開設を申し込む人と一致していること
  • 身分証明書に顔写真が入っていること
  • 身分証明書は有効期限内であること
  • 身分証明書は原本をスキャンしたデータかスマホなどのカメラで撮影したものであること
  • ファイル名に特殊記号(¥,$,#,&など)や絵文字を使用していないこと
  • ファイルの形式が「.png、.tiff、.tif、.jpg、.jpeg、.pdf」であること
  • パスポートの場合は署名欄も写っていること

用意するもの② 各種取引明細書1部

次に、過去180日以内に発行された各種取引明細書が1部必要です。

取引明細書として提出できるのは

  1. クレジットカードの利用明細書
  2. インターネットバンキング取引明細書
  3. 預金通帳の取引明細書
  4. 残高証明書

この4つの内のどれかです。

クレジットカードはセラーセントラル開設に登録するクレジットカード以外でも大丈夫です。

紙の利用明細書がカード会社から届いている人は、①が一番手っ取り早く提出できるんじゃないでしょうか。スキャンしたデータか、スマホで撮影すればOKです。

ウェブ明細の方は、PDF形式の明細書をダウンロードして提出します。

CSV形式/エクセルの利用明細書は受付されません。

どの取引明細書でも大事なのは、「スクリーンショットや画面キャプチャは不可」ということです。

そして、記載されている氏名と住所がセラーセントラル開設者と一致していることが大事です。

提出書類についての詳細はこちらからもご確認ください。

用意するもの③ クレジットカード

手数料の引き落としや、振り込みの際の本人確認に使われます。

セラーセントラル開設を申し込みする本人名義のカードが必要です。

カードブランド(VISA/Masterなど)はどれでも大丈夫です。

用意するもの④ 本人名義の銀行口座

売上が入金される銀行口座です。

プライベート用の口座と事業用の口座は分けているほうが決算や確定申告などに便利です。

用意するもの⑤ 住所と電話番号

セラーセントラル開設時には自宅の住所を登録します。

購入者に公開される住所については、副業で、職場バレを回避するために、バーチャルオフィスを借りてその住所を登録する方もいます。

ただ、バーチャルオフィスの場合、同一の住所を複数人が使用する為、同じ住所を使っている誰かが悪いことして垢バンになると、連鎖的に垢バンになるリスクがあります。

そのリスクを踏まえた上で利用する人は利用しましょう。

個人の電話番号を登録したくない場合は050の番号を無料で取得できるサービスもあるので活用しましょう。

セラーセントラルの開設は大口と小口のどちらがいいの?

Amazonのセラーセントラルを開設するときに、「大口出品」か「小口出品」かを選びます。

セラーセントラルを開設するときに悩む人が多いのが、この「大口出品」か「小口出品」を選ぶときです。

セラーセントラルの大口と小口のちがい

大口出品と小口出品のちがいについてはこちらをご覧ください。

大口出品は月額4,900円+売れた場合にカテゴリーごとの販売手数料をAmazonに支払います。

小口出品は、商品ごとに100円と販売手数料をAmazonに支払います。

最初は出品少ないし、小口出品にしておいてあとから大口にしようかな~

という人も多いですが、当ブログでは最初から大口出品で登録することをおすすめします!

【結論】セラーセントラル開設は大口でしましょう

Amazonのセラーセントラルを開設するときは最初から大口出品で登録することをおすすめします。

大口出品にすることで様々なオプションサービスを利用することができますし、本気で取り組めば3か月くらいで50個以上販売するくらいにはなりますので。

とはいえ、実際に大口出品で登録するメリットとデメリットもご紹介しておきますね。

大口出品のメリットとデメリット

  • セラーセントラルの特別機能を利用できる
  • 販促用のオプションサービスを利用できる
  • オリジナル商品もAmazonに登録済みの商品を出品できる
  • カートボックスを取る資格を得られる
  • 配送料金を細かく設定できる
  • 月額料金がかかる

Amazon販売での「カートを取得する」重要性についてはこちらの記事をご覧ください。

【初心者必見!】Amazonせどりで販売する際のカート取得の重要性 今日はカート取得の重要性を説明します。 購入時は意識しませんが、販売時はカートの取得を考える事が重要となります。 カートを取...

セラーセントラルの開設方法

それでは実際にセラーセントラルを開設してみましょう。

こちらでは「個人」の「大口出品登録」を前提に説明します。

登録手順の詳細はこちらもご確認ください。

開設方法① 出品用アカウントを作る

こちらのページの「さっそく始める」からログインします。

Amazonの購入用アカウントをすでに持っている人は、そのアカウントを出品用アカウントとしても登録できます。

購入用アカウントと別のメールアドレスで出品用アカウントを作成することができますが、出品用アカウントを複数持つことはできません。

開設方法② 必要事項を記載する

画面に表示される項目を埋めていきます。

あとで提出する書類と同じ名前と住所で登録するほうが、審査もスムーズです。

購入用アカウントから出品用アカウントを作成した場合は購入用アカウントに登録した住所が反映されています。

開設方法③ 必要書類をアップロードする

「セラーセントラルを開設するために用意するもの」で記載した注意事項を確認しながら必要書類をスキャンもしくは撮影してアップロードします。

セラーセントラルの開設に関する審査は2日ほど。

メールで結果が届きますので待ちます。

書類の再提出などもメールで連絡がきますので、再提出の場合は早めに対応するようにしましょう。

セラーセントラル開設の注意点

注意点① 必要書類はスマホで撮影するかPDFのみ

スクリーンショットなどはファイル形式を変えることでPDFでも保存できますが、バレます。原本をスマホで撮影するのが簡単です。

なお、提出した書類が通らなかった場合、再提出は可能です。

注意点② 海外のマーケットプレイスに間違って登録しない

セラーセントラルを開設する途中で、「登録希望のマーケットプレイス」を選ぶ画面が出てきます。

そこで「日本」のみを選ぶようにしましょう。

うっかり海外のマーケットプレイスに登録してしまって、うまくいかなかったという話もちょくちょく聞きます。

ひとつひとつ確認して登録しないとね~

まとめ

せどりの第一歩としてAmazonのセラーセントラルを開設する方法と注意点をご紹介しました。

スムーズに開設して、どんどん出品・販売していきましょう!