【STEP09】納品/発送/梱包(基本編)

配送料金について考えよう その①〜配送方法〜

どうも、ののです

さて今日は配送について考えましょう。

みんなは自己発送の商品を送るときや、amazonに納品するときはどこの宅配会社やサービスを使っていますか?

商品の大きさや重さによって使い分けている人もそうでない人もいると思います^^

配送料金はきちんと考えないと結構な出費になってしまいます、、、

高くなればなるほど利益を食いつぶしてしまうのでこれを機にきちんと考えるようにしましょう!

配送業者はどんな業者がある?

大きく分けると

  1. 日本郵政
  2. クロネコヤマト
  3. 佐川急便

の3つに分かれます。

もちろん他にも西濃運輸やトナミ運輸など色々ありますが、今回はこの3大サービスを中心に話をしていきます。

日本郵政

ゆうパック
ミニレター
ゆうメール
スマートレター
定形外
レターパックライト
レターパック
クリックポスト

等の配送方法があります。
細かい配送方法を準備してくれているのが特徴です。

日本郵政のサービス一覧

クロネコヤマト

ネコポス
宅急便コンパクト
ヤマト便
宅急便

などのサービスを手がけています。

同一住所に複数のものを送る場合は間違いなくヤマト便が一番安いサービスになります

せどらーがamazon倉庫への納品で一番使っている配送サービスがヤマト便だと思われます。

佐川急便

飛脚宅配便などのサービスを手がけています。

 

どれが一番安いかどのように判断すれば良いの?

ここまで見て、どれが一番安いかなど混乱してきたのではないでしょうか?

商品の大きさや重さでどの配送方法が一番安いかを瞬時で判断できるせどらーはほとんどいないと思います。

そこで活用したいのが以下のサイトです。

郵便・ヤマト運輸・佐川急便の配送料比較-2018年秋版

送料の虎

この両サイトを見ればサイズや大きさでどの配送方法が一番安いかかなりわかりやすくなっています。

ぜひ活用して1円でも安い方法で配送し、経費を減らして欲しいと思います!